岐阜の矯正歯科@田中矯正歯科医院
HOME>院内新聞

| e-歯並びゼミナール |

歯並びが悪い事による7つのデメリット

怒っているようなイメージをもたれてしまう。


右図の様にオトガイ筋の緊張(下あごの梅干しのようなシワ)があると
・口の周りの筋肉が疲れる。
・怒っているようなイメージをもたれてしまう。
・唇が楽に閉じることができない。
→夜寝ている時に口が開いてしまう。→歯肉が乾燥する。→歯肉の抵抗力が弱くなる。→歯周病にかかりやすい。
というようなデメリットがあります。

 

虫歯および歯周炎になりやすい。


叢生(デコボコ)があると歯垢を落としづらい。(右図)その結果、虫歯および歯周炎になりやすい。





 

骨格的な受け口になることもある。


右図の様に反対咬合(受け口)であると、上顎の成長発育の妨げ・下顎の成長促進になり、骨格的な受け口になることもある。





 

歯肉が退縮することがある。


咬合性外傷になりやすい(受け口があるとかみ合わせにより、少数の歯に力が加わり、右図の様に歯肉が退縮することがある。





 

アルファベットの発音に支障が出る。


音に影響を与える。受け口(図3)の人はFVの発音が、出っ歯(右図)の人にはPBMの発音がしづらい。開咬(前歯が噛んでいない)人にはsとθを区別した発音がしづらい。




 

胃腸に負担を与えることもある。


咀嚼機能、能率に影響を与える。噛んでいる本数が少ないと噛む機能・能率が低下し、胃腸に負担を与えることもある。(右図)






 

果前歯の破折につながることもある。