岐阜の矯正歯科@田中矯正歯科医院
HOME>院内新聞

| e-歯並びゼミナール |

歯並びチェックポイント

口を閉じた状態でのチェックポイント


実は歯ならびのチェックは口を閉じた状態の方が良く分かる場合があります。
「エッ、口を開かないと歯ならびをチェックできないんじゃないの?」と思われる方が多いかもしれません。しかし、私たち専門医はまず、患者様の顔を拝見させていただきます。日本人の横顔というのは図2のようにEライン(鼻の先端と顎の一番出ているところを結んだライン)上に上下の唇があるのが理想的といわれています。従いまして、図1のようにEラインから、唇が出ている人は出っ歯(上顎前突)か、上下の歯が出ている(上下顎前突)事が疑われます。
 

Aさんの治療前・治療後

 
                           図1:治療前                        図2:治療後
    

         

Aさんの治療前・治療後

 
                           図3:治療前                        図4:治療後
    

         

Bさんの治療前・治療後

 
                           図5:治療前                        図6:治療後
              

        

正面からはどうでしょうか?出っ歯の方は下唇の下に横線のシワがあります(図3)。
それは上下の前歯の間に下唇が入り込み、下唇がひっくり返ってしまうこ と(反転)によりおこります。
その次のチェックポイントとして、口元が出ている方のサインは、唇を閉じた時に梅干しのようなシワが顎にできます。(図5) なぜそのことが良くないのでしょうか?

  1. オトガイ筋という筋肉に力が入っているため、唇を閉じたままにしていると疲れる。
  2. 寝ているときは意識がないため、口が開いたままになり、歯肉が乾燥して抵抗力が弱まり、歯周病になりやすくなる。
  3. 本人は怒っていないのに、怒っているような損なイメージを与えることがある。


その他の特徴として、鼻唇溝(鼻翼から口角にかけてのシワ)ができやすいことです(図3,5)。なぜ、シワができるかというと山(ほっぺた)と山(出ている口元)は谷となり、シワとなりやすいからです。矯正歯科治療によりシワができにくくなることもあります。

口を閉じた状態でのチェックポイント


正しい歯並びは、上の歯が下の歯を被っています。そのことにより、下顎が上下に噛むだけでなく、左右に摺り合わせる臼磨運動をすることができます。また、小臼歯の尖頭が歯と歯の間に噛み合うことにより、歯がすり減りにくくなります。


正常咬合(正しい噛み合わせ)



         

1:八重歯やデコボコがない

 
                          治療前                          治療後
    

         

2:隙間がない

 
                             治療前                           治療後
    

         

3:上顎前突(出っ歯)でない

 
                              治療前                          治療後
    

         

4:下顎前突(受け口)でない

 
                              治療前                          治療後
    

         

5:ねじれた歯がない

 
                              治療前                           治療後
    

         

6:左右のズレがない

 
                              治療前                           治療後
    

         

7:笑った時に歯肉が見えすぎない

 
                            治療前                            治療後
    

         

8:顔の中心と歯の中心が合っている

 
                                        治療前