岐阜の矯正歯科@田中矯正歯科医院
HOME>矯正歯科治療

舌側矯正

舌側矯正
舌側矯正治療
  1. 他の人に矯正装置を見られたくないけど、歯並びは治したい。
  2. 費用が多少は高額になってもかまわない。
  3. 矯正装置の違和感はいずれ慣れるのであればかまわない。


舌側矯正治療


舌側矯正治療 当院に通う患者様は、成人の方も多いので、舌側矯正治療の患者様が多いです。
特に、サービス業や販売員など、人と接する機会の多い仕事についている患者様は舌側矯正治療を選択されます。


子供の頃から、自分の歯並びが気になっていて、仕事を始めてからも、他の人の目線が自分の口元に行ってるのではないかと気になってるような患者様がされることが多いです。
矯正治療は小さい頃から始めたほうが、治療期間が短くなりやすいことは確かです。

しかし、「大人になったら歯並びをキレイにすることはできない」という訳ではありません。
当院で、矯正治療をして、これまでコンプレックスだった歯並びがキレイになり、今までは笑うときに口元を手で隠していたのが、大きな口をあけて笑うことができるようになりました。

そして、矯正治療を受けて、歯並びがキレイになっていくにしたがって、どんどん自分に自信を持って、輝きを増し、矯正治療が終わってから結婚をされる患者さまはたくさん、いらっしゃいます。

多くの成人女性が自分の口元にコンプレックスを感じています。しかし、費用や装置が気になるという理由により、その一歩を踏み出せないでいます。私は、輝きを増していく多くの女性を拝見していると、矯正治療の料金は将来的なことを考えれば、決して高くないと思っています。また、舌側からの矯正治療を行って、これまでに「装置が気になった」とおっしゃった患者様は一人もいませんでした。

あなたが、その一歩を踏み出すときは今かもしれないですね。

一般的な矯正

歯の裏側にオーダーメイドの矯正装置を付けます。その装置にワイヤー(針金)を通してワイヤーの力で歯を移動させる仕組みは表側からの矯正治療と同様です。
歯の裏側は表側に比べて形が複雑なために、表側のような装置を使うことが出来ません。
このため患者さんそれぞれに合わせて、装置を作る必要があります。


一般的な矯正


1.オーダーメイドの矯正装置を作るからです


このオーダーメイドの矯正装置を作るのに、凄く手間がかかるのです。
歯の表側は比較的平らなのに対して、裏側はでこぼこなので、そのまま装置をつけても、正しくつけることができません。ですので、様々な手間をかけて、正しい位置に付くようにするのです。

その工程をご紹介します。
  1. 模型上で歯を1本1本バラバラにします・・・これが大変!
  2. 様々な試行錯誤を繰り返した上で、理想的な歯並びが決まります・・・これが大変!
  3. 理想的な位置に並び替えた模型に1本ずつ、装置を位置合わせしてつけていきます
  4. 正しく位置合わせされた装置を外して、実際の歯に装着します
  5. ワイヤー(針金)が正しい位置に戻ろうとする力で、歯並びを良くして行きます。


一般的な矯正 一般的な矯正 一般的な矯正
患者様ごとに、理想的な歯並びが異なるので、全ての舌側の装置がオリジナルになるのです。このような工程を踏まずに、直接、歯に装置をつけて理想的な歯並びを再現させることは現在の科学技術では不可能とされています。この工程がなければ、確かに、費用を安く抑えることも可能だと思います。

一般的な矯正

歯の裏側は表側と比べると、断然、見えづらいです。
したがって、調節するのに表側のだいたい倍の時間がかかります。
しかも、当院では、ワイヤー(針金)を調節の度に、取り外しますので、なおさら、時間がかかります。

また、ワイヤー(針金)を取り外すことで、歯磨きが断然、しやすくなります。当院のこだわりにも書いてありますが、当院では、毎回、歯磨き指導を行っております。その際に、ワイヤーを外していれば、磨けていなかったところが磨けるのです。

ワ イヤーを外していなければ、どうしても磨き残しができるために、虫歯や歯周病になるリスクが高くなってしまうのです。せっかく、素敵な笑顔を手に入れて も、虫歯や歯周病になってしまっていては、喜びも半減です。私は、あなたにそんな悲しい思いをしてほしくないのです。だから、毎回、ワイヤー(針金)を外 すことにこだわっているのです。

さらに、ワイヤー(針金)を毎回、取り外すことで、現在の治療の進行状況を確認することができるの です。確かに、ワイヤーを外さずなくても確認することはできますが、やはりワイヤーをはずして実物を目で確認したほうが、安心して、リスクなく、治療を進 めていくことができると考えています。

ですから、当院では、治療時間が長くなったとしても、手間が余計にかかったとしても、治療後に、患者様本来の素晴らしい笑顔を手にしていただくために、毎回、ワイヤー(針金)を外しているのです。



一般的な矯正

ワイヤー(針金)の力を使って、歯並びを良くする矯正治療の原理(歯と歯の間の距離が長いほうが針金が元に戻ろうとするエネルギーが大きい)からいえば、表側の矯正の方が効果は得られやすいです。

1980 年代は、ワイヤー(針金)の性能が高くなかったために、表側の矯正のほうが効果が高かったようです。しかし、ワイヤー(針金)の度重なる技術革新によっ て、ワイヤー(針金)の性能が高まり、歯と歯の間の距離が短い舌側の矯正でも、表側とほぼ同様の効果が得られるようになりました。

ですので、舌側の矯正と表側の矯正では、治り具合に違いはほとんどないと言って良いと思います。