岐阜の矯正歯科@田中矯正歯科医院
HOME>院長blog
Twitter /  ダイビング /  健康 /  審美 /  推薦図書 /  歯科医の皆様へ /  院長プライベート /  飲食 / 

歯科医の皆様へ

院長の開発したインダイレクト・ボンディング法の感想を頂きました!

TY先生

大阪は今日はかなり湿度も高く、猛暑になりそうです。

田中先生はいつも通り御元気でしょうか。

五月に新しくセファロを買ったこともあり、教えて頂いた事や資料を頼りに、苦しくも楽しみながら分析を進めています。

インダイレクトは素晴らしく早く正確な治療である予感はします。ただ自分の技量のレベルのなさからよく感覚を掴めてない部分もあります。

またインダイレクト中にベースとレジンの接合部が折れてしまう事が実習中あったので、臨床的歯冠中央につけるダイレクトボンディングの知識と技量も大切かなと思いました。(インダイレクトの対応としては理想的では無いかもしれませんが。)

7/10.11も楽しみにしてます。

宜しくお願いします。

 


WOB  田中勝治先生

まいど お世話になりましてありがとうございます

インダイレクトボンディング法による実習に関してですが、技工サイドさえしっかりしてれば、チェアーサイドはあっけないほど簡単で間違いのないブラケット装着で、術者の知識、技術の差による治療結果の成否がまずない、ほぼ確実に満足な結果が得られる素晴らしい方法だと思います。後は実行のみ!?

先生に出会えたことに心より感謝しております。

 

S歯科医院 KS

 

 

 

田中先生

先週末の講習会では大変お世話になりました。

矯正歯科医の臨床経験が浅い私ではありますが、Get Up Courseで実習したダイレクトボンディング法に比べ、インダイレクトボンディング法はブラケットの位置づけに戸惑うことなくスムーズに行うことが出来ました。

実際の口腔内での操作を考えると、特に臼歯部のボンディングはダイレクトボンディング法とインダイレクトボンディング法は雲泥の差があるように思いました。

今回の実習で、インダイレクトボンディング法は患者さんのチェアータイムを少なくすることができ、術者ならびに患者の疲労を減らすことができる術式であることが実感できました。

次回が最後の実習となりますが、よろしくお願いいたします。

YY

 

 

田中先生、おはようございます。

 

先日はありがとうございました。

インダイレクト最高ですね。

僕にはこれ以外の方法では出来ないです!

良いとこだらけですが、臼歯の脱離率が高いのが悩みですね。

あと、とれた後のリカバーが再生以外の方法でしか自分では出来ないのが第二の悩みです。

この2点が解決できたら、もっと素晴らしいシステムになりますね。

頑張ります!


追伸

来月はコース最終ですね。

その際に頑張って症例発表しようと思います。

(診断~治療計画までですが・・・良いでしょうか)

また、ご指導お願いします。

 

あと、受講生の皆さんと、とても仲良くなりました。

これも、先生のコースのとても良いところだと思いました。

今後も連絡取り合ったり、見学にいったりしたいと思うので

名簿みたいな物を作って、配っていただけると嬉しいです^^


では、今日も診療頑張りましょう!!!!

M歯科クリニック  M

 

 

 

先日はありがとうございました。

インダイレクトボンディング法という言葉すら聞いたことがなかったです。

専門医の先生はこの方法をやっていないとのこと。

良い方法を教えていただきました。

せっかくパナデント咬合器を買ったので、インダイレクトボンディング法に合ういい患者を探しているところです。

勉強して終わりにしたらもったいないので、なんとか実践してみたいと思います。

来月もよろしくお願いします。

 

O歯科室

 

 

投稿者 医療法人機能美会 田中矯正歯科医院② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
Twitterの大切な所、ピックアップしてみました!その4~
 診療後には僕の主催している、WOB (Worldwide Orthodontic Brains)の症例検討会があります。WOBは、SOS (Seino Orthodontic Study club)→SOB (Study club Orthodontic Brains) から改WOB (Worldwide Orthodontic Brains)は、今までに18年間、毎年、開催され、多くの一般歯科医の先生が受講していただいた、矯正歯科の講習会で、毎年、ヴァ〜ジョン・アップされています!宣伝広告は一切していませんが、松風さんに、後援していただいてます!
 webから


WOB (Worldwide Orthodontic Brains)は、今までに、北は北海道から、南は九州まで、全国各地から多くの一般歯科の先生に受講していただいています。そして、アンケートなどで、お褒めのお言葉を沢山いただいています。その沢山のお言葉にやりがいを感じています。
投稿者 医療法人機能美会 田中矯正歯科医院② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
矯正歯科ブログ 7 : WOB (Worldwide Orthodontic Brains)回顧録
 みなさん、こんにちは〜!

今日2010年2月17日は、機能美会 田中矯正歯科医院は水曜日で休診日になりますが、院長 田中 勝治は河野先生と福井のタナカ歯科クリニック

http://www.e-tanaka-dent.com/

で診療しています!


さて、2月の6、7日は、大阪で私の主催する、WOB (Worldwide Orthodontic Brains) Get Up Course開催されました。

全国各地から20名弱の歯科医の先生が、私のコースを受講していただきました。

今年から、正常咬合配列という項目を追加しました。

少し、余談になりますが、正常咬合という言葉が教科書的に使用されていますが、
正確には、理想咬合という表現が適切かと思います。

なぜ、今年から、正常咬合改め、理想咬合の配列を実習に加えたかというと、
我々の矯正治療におけるゴールを再認識したかったからです。
実習を終えまして、再認識した事は、

  1. 理想咬合実習を取り入れて良かった。
  2. 歯科医の先生ごとに理想咬合の認識の違いが分かった。

などです。

我々、歯科医師が理想咬合のゴールを再確認する事で、患者さんとの治療ゴールの食い違いなどのトラブルが回避できるものと思われます。
あれっ、この内容はブログの内容ではないかな〜

まだまさ、寒い日が続きますが、読者の皆様、お身体ご自愛下さいませ〜!
投稿者 医療法人機能美会 田中矯正歯科医院② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯科医師のためのブログ1
 2月11日、建国記念日に予定入ってないなら、一緒に勉強しませんか〜?わーい(嬉しい顔) 

僕の医院はスタッフ全員動員で勉強します!そのタイトルは、 

「歯科医院マネージメント」 
—強みをいかに戦略に落とし込むか!— 

1. 歯科医療従事者としてどうあるべきか? 
2. 自医院の強みの作り方(見つけ方) 
3. 強みを戦略、戦術にどう落とし込むか 
4. 医院の事例(予防とインプラントの2大柱) 
5. 矯正歯科治療の導入(導入後、医院の変化をドクターおよびスタッフの視点から) 
6. 歯科医院、スタッフ、患者のトリプルWINの経営 

講師は、亀岡提携医院の院長、泉要佑先生!大変勉強してみえる先生です!泉先生は、神田正典を初め、多くのメンターから沢山勉強および吸収しています。そして、そこに勤務する、小児歯科で10数年の歯科衛生士の松本さんがどういう説明をして、矯正のコンサルに予約を入れてくれるかという点が大変楽しみです! 

場所:大阪 トーコーシティホテル梅田 
http://dom.jtb.co.jp/yado/Shisetsu.aspx?st=6490037&afr=ad&adpsp_aid=1426&adpsp_service=91&adpsp_type=300&adpsp_mid=791717&adpsp_lid=4009 

日時 2010年2月11日(木・祝日) 10:00〜17:00 
受講料 歯科医師 ¥15,000  スタッフ ¥3,000 

お申し込み先 usui@kinoubi.com もしくは、ファックス(0584)81-0101 

に 

1. ご氏名 
2. 勤務先 
3. スタッフ氏名 
4. お申し込み人数 歯科医師  名   スタッフ  名   合計  名 
5. ご住所 
6. TEL 
7. FAX 
8. E-mail 

です! 

投稿者 医療法人機能美会 田中矯正歯科医院② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)