岐阜の矯正歯科@田中矯正歯科医院
HOME>院長blog
Twitter /  ダイビング /  健康 /  審美 /  推薦図書 /  歯科医の皆様へ /  院長プライベート /  飲食 / 

院長blog

矯正歯科ブログ : 外科矯正
 みなさん、こんんちちわ〜

まだまだ、寒い日が続きますが、暖かいもの食べて、体動かしていい汗かいて、もう少し冬を満喫しましょうね!

さて、昨夜は、診療後、岐阜大学に外科症例の患者さんの事でカンファレンスに行ってきました。皆さんもご存知かと思いますが、外科手術をともなう矯正治療は、矯正治療も、外科手術も保健診療でできます!

今回の患者さんは、「矯正治療が終るまでは、彼女は作らない」と決めているようで、治療する側としても気合が入ります!

外科矯正は入院したり、痛みを伴ったりと大変ですが、劇的に良くなるので、彼のためにも最高の医療を提供したいと持っています!

そして、矯正治療後に素敵な彼女ができれば、もっと最高ですね!

それでは、良い終末をお過ごし下さいね!
投稿者 医療法人機能美会 田中矯正歯科医院② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
矯正歯科ブログ 7 : WOB (Worldwide Orthodontic Brains)回顧録
 みなさん、こんにちは〜!

今日2010年2月17日は、機能美会 田中矯正歯科医院は水曜日で休診日になりますが、院長 田中 勝治は河野先生と福井のタナカ歯科クリニック

http://www.e-tanaka-dent.com/

で診療しています!


さて、2月の6、7日は、大阪で私の主催する、WOB (Worldwide Orthodontic Brains) Get Up Course開催されました。

全国各地から20名弱の歯科医の先生が、私のコースを受講していただきました。

今年から、正常咬合配列という項目を追加しました。

少し、余談になりますが、正常咬合という言葉が教科書的に使用されていますが、
正確には、理想咬合という表現が適切かと思います。

なぜ、今年から、正常咬合改め、理想咬合の配列を実習に加えたかというと、
我々の矯正治療におけるゴールを再認識したかったからです。
実習を終えまして、再認識した事は、

  1. 理想咬合実習を取り入れて良かった。
  2. 歯科医の先生ごとに理想咬合の認識の違いが分かった。

などです。

我々、歯科医師が理想咬合のゴールを再確認する事で、患者さんとの治療ゴールの食い違いなどのトラブルが回避できるものと思われます。
あれっ、この内容はブログの内容ではないかな〜

まだまさ、寒い日が続きますが、読者の皆様、お身体ご自愛下さいませ〜!
投稿者 医療法人機能美会 田中矯正歯科医院② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
矯正歯科ブログ 6 : 芦屋のむらまつ歯科クリニック
みなさん、こんにちわ〜

たった今、芦屋の むらまつ歯科クリニックのスタッフの皆さんからチョコレートが届きました
        
http://www.muramatsu-dc.com/




スタッフ一人ひとりから心のこもったメッセ〜ジが書かれていました!とっても、感動いたしました

今月から、提携医院として矯正診療を開始させていただくのですが、今から、一月に一回一緒に診療できるのが、楽しみです!

芦屋近辺の皆様、むらまつ歯科クリニックの皆さんはとっても、心が暖かいスタッフばかりで、お薦めっすよ〜!

それでは午後からも大垣の診療室にて、気合いを入れて診療っす!

それでは、皆さん、良い終末をお過ごし下さいませ!
投稿者 医療法人機能美会 田中矯正歯科医院② | PermaLink | コメント(1) | トラックバック(0)
矯正歯科ブログ 5 : 予防矯正について
 質問:悪い歯ならび(不正咬合)は予防できるんですか?

 

答え:今の段階では、はっきりと『はい!予防できます!』とは言えません。

が、しかし、私の母校である、日大松戸歯学部 矯正歯科学講座、根岸らの研究によりますと、固いガムをグラインディング咀嚼(顎を横に動かす運動)することにより、下顎の歯列(歯並びのアーチ)が拡大する事により、叢生(乱杭歯などのデコボコ)を予防する可能性について述べています66回 日本矯正歯科学会)。

つまり、下の写真の様に、縄文時代の臼歯(奥歯)は幅が広く直立しているのに対し、現代人では、幅が狭く、内側に倒れ込んでします。

 

 

しかし、下記のトレーニング・ガムを咀嚼する事により、縄文時代のようなアーチに戻る事ができます。それにより、不正咬合を予防できる事を示唆しています。

100%予防できるかどうかは、今の所、明確な回答はありませんが、試してみる価値はあると思います。ただし、このガムは歯科医院でのみの販売となりますので、お近くの歯科医院の先生の指導のもと、トレーニングされる事をお勧めいたします!

投稿者 医療法人機能美会 田中矯正歯科医院② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯科医師のためのブログ1
 2月11日、建国記念日に予定入ってないなら、一緒に勉強しませんか〜?わーい(嬉しい顔) 

僕の医院はスタッフ全員動員で勉強します!そのタイトルは、 

「歯科医院マネージメント」 
—強みをいかに戦略に落とし込むか!— 

1. 歯科医療従事者としてどうあるべきか? 
2. 自医院の強みの作り方(見つけ方) 
3. 強みを戦略、戦術にどう落とし込むか 
4. 医院の事例(予防とインプラントの2大柱) 
5. 矯正歯科治療の導入(導入後、医院の変化をドクターおよびスタッフの視点から) 
6. 歯科医院、スタッフ、患者のトリプルWINの経営 

講師は、亀岡提携医院の院長、泉要佑先生!大変勉強してみえる先生です!泉先生は、神田正典を初め、多くのメンターから沢山勉強および吸収しています。そして、そこに勤務する、小児歯科で10数年の歯科衛生士の松本さんがどういう説明をして、矯正のコンサルに予約を入れてくれるかという点が大変楽しみです! 

場所:大阪 トーコーシティホテル梅田 
http://dom.jtb.co.jp/yado/Shisetsu.aspx?st=6490037&afr=ad&adpsp_aid=1426&adpsp_service=91&adpsp_type=300&adpsp_mid=791717&adpsp_lid=4009 

日時 2010年2月11日(木・祝日) 10:00〜17:00 
受講料 歯科医師 ¥15,000  スタッフ ¥3,000 

お申し込み先 usui@kinoubi.com もしくは、ファックス(0584)81-0101 

に 

1. ご氏名 
2. 勤務先 
3. スタッフ氏名 
4. お申し込み人数 歯科医師  名   スタッフ  名   合計  名 
5. ご住所 
6. TEL 
7. FAX 
8. E-mail 

です! 

投稿者 医療法人機能美会 田中矯正歯科医院② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)